よくあるご質問

お客様から良く頂くご質問をまとめました。

アスベストにはどんな危険がありますか?

アスベストそのものには毒性はありません。しかし、飛散したアスベスト繊維を吸入すると、繊維が肺の中に残り、肺がん、中皮腫、びまん性胸膜肥厚、などを引き起こすこと危険性があります。

どんな建物にアスベストが使われていますか?

昭和30 年頃から50 年頃までの建物に吹き付け材として使用されていました。昭和50年にアスベスト使用が「原則禁止」となりましたが、それ以降もアスベストが使用されていることがあります。心配な方は検査をお勧めします。

自分でサンプルを採取しても、大丈夫でしょうか?

はい。数グラムのサンプルを採取するだけですので、マスク・手袋などを装着していれば、危険はありません。作業自体も数分で終わります。

サンプル採取はどのようにしますか?

検体採取キットを使って、マニュアルにそってカッターで、10cm3を3ヵ所採取し、専用の袋と容器に入れて郵送するだけです。
>>検体採取マニュアルはこちら

アスベスト測定を行うのに資格等は必要ですか?

労働安全衛生法に定められた作業環境測定を行うには、「作業環境測定士」の国家資格が必要です。資格を持った検査員が責任を持って測定しています。また、弊社では、「第1種作業環境測定士」の資格を保有し、「登録番号24-17」として作業環境測定機関の登録を受けています。

報告書を役所にそのまま提出しても通りますか?

これまで弊社で作成した報告書は全て受理されております。 また、常に最新の情報を採集し、アスベスト基準の変更や法改正に伴う報告書形式の変更にも対応していきますので、お役所対策は心配ありません。

アスベスト検査を依頼したことが、他の人に知られることはありませんか?

法律上提供の義務が生じた場合以外には、第三者に開示・提供することはありません。ご安心ください。
その他、ご不明点や不安な事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

株式会社アイ・エヌ・ジー 作業環境測定室 作業環境測定士 千葉まで

フリーダイヤル 0120-467-555

受付 8:00~18:00(第2・4土曜・日曜・祝日休み)